おかしの家

おかしの家

番組情報

この10月クールから新しくスタートする深夜ドラマ・水ドラ!!枠は、深夜帯ならではのエッジのきいた企画への挑戦や、TBSの次世代クリエイターの発掘と育成を目的に創設されました。その第1弾として、史上最年少でブルーリボン賞(映画「川の底からこんにちは」2009年)と、日本アカデミー賞最優秀作品賞(映画「舟を編む」2013年)を受賞し、今最も注目されている若手監督・石井裕也とTBSの若手クリエイターが手を組みます。

物語は、東京・下町の駄菓子屋「さくらや」が舞台。主人公・太郎は、両親を早くに亡くし、祖母・明子が営む経営状態の苦しい駄菓子屋「さくらや」を守ろうと奮闘しているがなかなか上手くいかない。さくらやの裏口には、太郎の幼馴染で脚本家志望の三枝や、近所で銭湯を経営する島崎たち常連客が入り浸っており、太郎も一緒に駄菓子を食べてはたわいもないお喋りをするという、少年時代のような時間を過ごしていた。何に縛られることもなく、居心地の良い生活を送っていたが、その日々も時の流れとともにいずれは終わってしまうことに太郎たちも気付いていた。そんな中、離婚を機に息子を連れて地元に帰って来た太郎の幼馴染でシングルマザーの礼子と再会。それを機に、太郎や仲間たちは、「さくらや」を訪れる人々と共に、己自身の過去に、夢に、痛みに向き合い、「本当に大切なもの」に気付いていく…。

少年の心を持ち続ける33歳、主人公の太郎役を演じるのはオダギリジョー。これまでにも数々の役柄をこなしてきたオダギリが、これまでとは一風変わった33歳の太郎を演じ切ります。TBS連続ドラマでの主演は2009年「ぼくの妹」以来6年ぶり。この作品のヒロインとなる、夫との離婚を機に地元に戻り、太郎と久しぶりに再会する木村礼子役を尾野真千子が演じます。また、太郎と一緒につるむ三人衆の一人で、脚本家志望の三枝弘樹役には、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で前髪クネ男ことTOSHIYA役を演じ、話題を呼んだ勝地涼。そして、おばあちゃん子の太郎と一緒に駄菓子屋・さくらやを経営する祖母・明子役を八千草薫が演じます。実力派俳優陣と若手クリエイターたちが作り上げる深夜ドラマならではの心温まる物語にご期待下さい!!

放送スケジュール

第1話2015年10月21日(水) 23:53~24:23
第2話2015年10月28日(水) 23:55~24:25※2分遅れ
第3話2015年11月04日(水) 23:55~24:25※2分遅れ
第4話2015年11月11日(水) 24:23~24:53※30分遅れ
第5話2015年11月18日(水) 23:53~24:23
第6話2015年11月25日(水) 23:53~24:23
第7話2015年12月02日(水) 23:53~24:23
第8話2015年12月09日(水) 23:53~24:23
第9話2015年12月16日(水) 23:53~24:23
第10話2015年12月23日(水) 23:53~24:23※最終回

キャスト

役名役者
桜井太郎(33):オダギリジョー
木村礼子(33):尾野真千子
三枝弘樹(33):勝地涼
島崎明(54):嶋田久作
金田剛(32):前野朋哉
木村春馬:大山蓮斗
桜井明子(83):八千草薫

主題歌

RCサクセション「空がまた暗くなる」

原作協力

山田タロウ「うちのネコが訴えられました!? -実録ネコ裁判-」

スタッフ

演出:石井裕也、池田克彦
音楽:渡邊崇
脚本:石井裕也、登米裕一
プロデュース:佐野亜裕美、河添太
製作著作:TBS
制作協力:角川大英スタジオ

公式サイト

http://www.tbs.co.jp/okashinoie2015/

放送枠

(水)23:53~

放送開始日

2015年10月21日

話数

全10話

予告動画

おかしの家 みんなの感想

この作品に対するコメントを書き込もう!

    不適当なコメントなどは伏字もしくは削除させて頂く場合もあります

    名前:

    おかしの家 あらすじ 感想 全話リスト

    おかしの家 視聴率(最新3件)