まれ 第121話 「復活マルジョレーヌ」 ネタバレ あらすじ 感想 動画まとめ

あらすじ

父・徹(大泉洋)が残した膨大な資料と企画書には、希(土屋太鳳)が大好きなケーキ作りの道に戻ることへのメッセージが詰め込まれていた。徹の強い思いを感じた希に対し圭太(山崎賢人)は、塗師屋のことは気にせずにパティシエの修業に行って来いと背中を押す。ところが希は、パティシエという夢を追いかけることと、塗師屋のおかみとして圭太を支えることを両立したいと言い出し…。

感想まとめ

放送後に更新予定

作品ページ

まれ 第121話 みんなの感想

あなたの感想、展開予想などを書き込んでください!
不適当なコメントなどは伏字もしくは削除させて頂く場合もあります

    まれ あらすじ 感想(最新3件)