ナオミとカナコ

ナオミとカナコ

番組情報

フジテレビ1月期スタートの木曜劇場は、広末涼子さん、内田有紀さんが出演する「ナオミとカナコ」に決定しました。原作は、「邪魔」で大藪春彦賞、「空中ブランコ」で直木賞、「家日和」で柴田錬三郎賞、「オリンピックの身代金」で吉川英治文学賞と数々の受賞歴を誇るベストセラー作家・奥田英朗氏の「ナオミとカナコ」(幻冬舎刊)。コミカルな人情ものから人間ドラマ、サスペンスまで色とりどりの作品を生み続ける奥田氏の最新長編小説初の映像化となります。誰にでも起こりうる日常を舞台に、圧倒的なスピード感とスケール感で前代未聞の犯罪を遂行するヒロイン達を描き、読む者の心を引きつける傑作犯罪サスペンスです。

あらすじ

小田直美(広末涼子)は美術館のキュレーターになりたいという夢を持っていたが、現実は厳しく、現在は百貨店の外商部に勤め、顧客の対応に追われながら様々な雑用をこなす日々を送っている。ある日、同じ沿線に住む大学時代の親友・服部加奈子(内田有紀)のマンションを訪ねた直美は、美しい加奈子の顔にくっきりと浮かぶアザに愕然とする。「夫に殴られた」と泣きながら告白する加奈子。エリート銀行員の夫・達郎は仕事のストレスから加奈子への暴力を日常的に続けているという。「水が苦い」という加奈子のいたたまれぬ姿を見て、直美はすぐに離婚をすすめるが、加奈子は「復讐が怖い。夫に殺される」と首を横に振るだけ。暴力に支配され何もできない女の悲しさ、そこに居座る男の傲慢さ。激しい憤りを感じながらも、直美にはなすすべがなかった。

そんな中、上得意である華僑の大物を対象とした販売会で、高級腕時計が紛失する事件が起きる。持ち去ったのは中国食品業を営む李朱美。返却交渉を行うことになった直美は、いつしか日本人の感覚にはない朱美の図太さにひかれていった。ある日、上客としてとりこむべく朱美を訪れた直美は、そこで働く中国人密航者を見て息をのむ。加奈子の夫にうりふたつではないか! やがて直美の脳裏に完璧としか思えない完全犯罪のシナリオができあがっていった。

放送スケジュール

2016年1月スタート 毎週(木) 午後10時~10時54分

キャスト

役名役者
小田直美(おだ・なおみ):広末涼子※主演
服部加奈子(はっとり・かなこ):内田有紀
服部陽子(はっとり・ようこ):吉田羊
内藤伸吾:宮川一朗太
浅井信之:山路和弘
手塚快晴:犬飼貴丈
李朱美(り・あけみ):高畑淳子
服部達郎(はっとり・たつろう):佐藤隆太※1人2役
林竜輝(りん・りゅうき):佐藤隆太※1人2役

ほか

主題歌

EXILE ATSUSHI + AI「No Name」

原作

奥田英朗『ナオミとカナコ』

スタッフ

脚本:浜田秀哉
音楽:ガブリエル・ロベルト
プロデュース:長部聡介、大木綾子
演出:金井紘、葉山浩樹、品田俊介
制作:フジテレビドラマ制作センター

公式サイト

http://www.fujitv.co.jp/naomi-kanako/index.html

放送枠

(木)22:00~

放送開始日

2016年01月14日

ナオミとカナコ みんなの感想

この作品に対するコメントを書き込もう!

    不適当なコメントなどは伏字もしくは削除させて頂く場合もあります

    名前:

    ナオミとカナコ あらすじ 感想 全話リスト

    ナオミとカナコ 視聴率(最新3件)