撃てない警官

最終更新日時:
撃てない警官

番組情報

デビュー作「褐色の標的」で第7回日本推理サスペンス大賞優秀作を受賞後、数々の上質な警察小説を世に放ち続けている作家・安東能明。
そんな安東の作品の中でも特に人気が高いシリーズ「撃てない警官」をドラマ化する。出世欲むき出しで警察組織を渡り歩こうとしていた本庁所属のエリート警官が、ある日の不可解な事件を機に所轄へ左遷の憂き目に。一体彼に罠を仕掛けたのは誰なのか? そして、誰が味方で誰が敵なのか? 警察組織内部でうごめく出世争いや復讐劇をスリリングに描いたリアル警察ドラマの誕生だ。

主人公・柴崎令司役には「連続ドラマW 空飛ぶタイヤ」のほか、映画『紙の月』『おかあさんの木』など話題作に出演多数の田辺誠一。元警察官の義父を慕い、妻子へ愛情を注ぐ一方、エリート街道のためならば同じ警察官をも平気で脅迫し利用するエリート警官を演じる。

主人公にして正義よりも組織での出世を最優先するキャラクターは警察ドラマとしては斬新で、新たな「アンチヒーロー」の出現といえる。また、監督を『8月のクリスマス』『少女たちの羅針盤』
などを手掛けた俊英・長崎俊一が務める。

あらすじ

警視庁総務部企画課企画係・係長の柴崎令司(田辺誠一)は、警察組織の中でも一握りのエリート候補。現場での逮捕経験はなく、ただ昇進のみを考え出世街道をひた走ってきた。だがある日、直属の部下・木戸和彦が拳銃自殺したことにより運命は暗転する。うつ病を患っていた木戸だが、柴崎は上司である課長の中田(石黒賢)から電話で、木戸が快癒したため射撃訓練に参加させるよう告げられる。既に中田が押印した指示書も出ていた。柴崎はなんの疑問も感じず、所属長預かりになっていた拳銃を木戸に返還し訓練の参加を命じる。その直後の事件だった。

責任を問われた柴崎は、中田から指示の電話があったと訴えるが、その時間の中田にはアリバイがあった。そして指示書もすでに処分されていた。結局柴崎は中田から所轄への左遷という辞令を言い渡される。一体電話の主は誰だったのか? 捜査を続ける柴崎は、事件の真相解明ではなく本庁復帰のためのある行動に出る。

放送スケジュール

第1話2016年1月10日(日) 22:00~23:00
第2話2016年1月17日(日) 22:00~23:00
第3話2016年1月24日(日) 22:00~23:00
第4話2016年1月31日(日) 22:00~23:00
第5話2016年2月07日(日) 22:00~23:00

キャスト

役名役者
柴崎令司:田辺誠一
中田:石黒賢
柴崎雪乃:中越典子
石岡稔:高橋和也
柴崎克己:加部亜門
坂本和子:陽月華
:菅田俊
:ともさかりえ
助川:嶋田久作
山路直武:山本學

ほか

主題歌

原作

安東能明「撃てない警官」

スタッフ

監督:長崎俊一
脚本:安倍照雄
音楽:大友良英

公式サイト

http://www.wowow.co.jp/dramaw/utenai/

放送枠

(日)22:00~

放送開始日

2016年01月10日

話数

全5話

ジャンル

撃てない警官 みんなの感想

この作品に対するコメントを書き込もう!

    不適当なコメントなどは伏字もしくは削除させて頂く場合もあります

    名前: