Dr.倫太郎 第8話 ネタバレ あらすじ 感想 動画まとめ

倫太郎(堺雅人)は、副院長であり脳外科医の蓮見(松重豊)の視力が落ちていることに気付く。倫太郎は心因性の視力障害を疑うが、検査を勧めても拒否する蓮見。 蓮見は円能寺(小日向文世)から、脳腫瘍にかかったある大臣の一人息子の手術を依頼されていた。蓮見は、手術によって患者の記憶が失われる危険があるという理由で、手術はできないと申し出るのだが、円能寺は政治的理由で強引に執刀を命じる。

倫太郎は、蓮見の目が見えなくなった原因を探るため、蓮見の同期だった荒木(遠藤憲一)に相談。そして、蓮見の過去に隠された「ある事件」が明らかになるのだった…。

一方、るり子(高畑淳子)から呼び出された明良(蒼井優)は、るり子に言い放たれた言葉に激しく動揺することとなる…。

感想

10年前、蓮見の医療ミスにより、記憶が無くなった女性患者がいた。10年後、その母親に罵られ、蓮見は記憶が人の心を作り、命のように大切な物だと気付かされる。大臣の息子の手術は、百合子(吉瀬美智子)が蓮見の指示に従って行い、無事成功する。ここは簡単に終わらせたな、という感じがした。
夢千代(余貴美子)は明良のために、るり子とお金で片を付けようとするが、それが明良にとっては母に再度捨てられたと感じる事になってしまい、皮肉である。明良は混乱し、夢乃となって倫太郎の家でお金を探し回る。夢乃は「明良のためにお金が必要なの、そうしないと明良が捨てられちゃう!」と叫ぶ。とても胸を打たれた。
一夜明け、週刊誌に問題のキスシーンの写真が載ってしまった。夢乃なのか、はたまた・・?円能寺の新病院建設は頓挫してしまうのか?倫太郎の患者である政治家も絡んでいるところがちょっと面白い。

作品ページ

Dr.倫太郎 第8話 みんなの感想

あなたの感想、展開予想などを書き込んでください!
不適当なコメントなどは伏字もしくは削除させて頂く場合もあります

    Dr.倫太郎 あらすじ 感想(最新3件)

    Dr.倫太郎 視聴率(最新2件)